個別銘柄

スマレジ(4431) 銘柄分析-2021年1Q決算

会社概要

時価総額

357億円(2020年10月7日時点)

上場

2019年2月東証マザーズ上場

企業HPチェック(5項目)

  • 社長の顔写真有り
  • 社長経歴記載有り
  • トップメッセージはユーザー及び株主ファーストの文面である
  • 役員の顔写真有り
  • 役員の経歴記載有り

筆頭株主

山本博士事務所 (17.44%)
※代表取締役社長:山本 博士の資産管理会社

事業

事業内容

高機能クラウド型レジ
売上分析や高度な在庫管理など、小売業や飲食・サービス業店舗運営の効率化を実現するクラウドベースPOSレジシステム


ビジネスモデル(フロー or ストック)

ストック型ビジネス

事業成長性及び戦略

POSレジ市場
メインターゲット層の中規模店舗


解約率の低さ
解約率1%未満を継続出来ている。
利用者にとって満足度の高いサービスであることの証
ストック型ビジネスで重要な指標の一つ


利用プラン内訳


セルフレジ機能のリリース

決算及び業績

月次報告有無

一部月次報告有り
※利用店舗数の推移

通期業績(単位:百万円)

売上高成長性

今期はコロナ影響により売上高の成長鈍化

営業利益率

20.9%(10%基準クリア)

四半期業績(単位:百万円)


月次売上高推移



売上高成長率もコロナ影響から徐々に回復しつつある
9月度には過去最高売上高を記録

収益性

自己資本比率

88.6%(40%基準クリア)

ROE

14.25%(15%基準未達)

ROA

12.62%(10%基準クリア)

割安性チェック

チェック項目1

先10年間での企業成長性を予測するにあたり、
売上高営業利益率 : 21.0%
売上高年平均成長率 : 34.0%
※四半期売上高成長率(QonQ) : 7.6%
と仮定する
今年度を含む、先10年間での営業益合計は362億
※決算発表時、時価総額326億
※足元の四半期決算では少々力不足だが、本来のポテンシャルを考慮

チェック項目2

PSR
= 10.84

売上高成長率 + 営業利益率
= 67.3%

(売上高成長率 + 営業利益率) ÷ PSR
= 6.2

※4以上なら割安

総合

短期 : 下落
中期 : ヨコ這い
長期 : 上昇

< 評価理由 >
業績 : OK
戦略 : OK
指標 : Normal

収益性も高く、戦略も良い
四半期足元の決算状況があまり良くないが、月次状況は回復しつつある。
しばらくはレンジ相場が続くと思われるが、次の月次もしくは決算の内容次第では上抜けもあり得る。

チャート及び出来高

日足


使用しているインジケータは、
移動平均線(5日, 20日, 40日, 75日, 200日)

週足


使用しているインジケータは、
移動平均線(5週, 13週, 26週, 52週)

参照元

株探
IRライブラリー | 株式会社スマレジ

ご注意

当ブログに記載されている内容は、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また、情報の正確性・有効性についても保証致しかねません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねます。株式売買は自己責任に基づいてご判断下さい。

-個別銘柄

© 2020 投資で少し楽に生きてみよう Powered by AFFINGER5