個別銘柄

ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part1

Part1記事ということで、ホープの会社概要と業績の数字についてまとめます。
次回以降の記事でそれぞれの事業についてまとめていきます。

会社概要

時価総額

317億円(2020年11月02日時点)

市場

2016年6月東証マザーズ上場

代表取締役社長

時津孝康

事業

自治体向けに特化したサービスを展開。広告事業や官民連携促進、エネルギー事業等

企業HPチェック(5項目)

IRページは株主向けの情報が綺麗にまとめてあり詳細に公開してくれています。
株主へしっかりアピールしようという意識が感じられます。私は企業HPがしっかり作りこまれている企業が好みなのでかなり好印象です。

筆頭株主

E.T.(22.32%)
※代表取締役社長(時津孝康)の資産管理会社
代表取締役社長 : 時津孝康(21.54%)
実質的な代表取締役社長の持ち株比率 : 43.86%

業績(四半期)

財務基礎


売上高


2018年4Qからの新規事業であるエネルギー事業が大幅に成長している。

粗利


毎年4Qに粗利率の高い案件が獲得できている。
広告事業のSmart Creationサービスがこれに該当する。
※詳細は後述記事で紹介します。気になる方は決算説明資料を読んで下さい。
ホープ(6195)_決算説明資料

販管費


販管費はほぼ変わらずにエネルギー事業が大幅に成長していることで、販管費率が抑制されてきている。

営業利益


広告事業のSmart Creationサービスによる4Qの高い営業利益率。
また、エネルギー事業による営業利益率の改善が進んでいる。

業績(通期)


収益性

ROE : 75.4%
ROA : 15.3%
自己資本比率 : 19.1%

※2020年6月期末時点

関連記事

ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part2
ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part3
ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part4
ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part5

ご注意

当ブログに記載されている内容は、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また、情報の正確性・有効性についても保証致しかねません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねます。株式売買は自己責任に基づいてご判断下さい。

-個別銘柄

© 2020 投資で少し楽に生きてみよう Powered by AFFINGER5