個別銘柄

ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part4

広告事業・メディア事業・エネルギー事業の3事業の内、今回はエネルギー事業の紹介記事になります。

エネルギー事業

2018年4Qから新たにスタートした事業で、現在の収益柱と言っても過言ではありません。他の企業または卸売市場から仕入れた電力を自治体が管理する施設に販売するビジネスです

GENEWAT

どんなサービス?


病院、学校、市庁舎、下水処理場を始めとする自治体管理施設に、卸売市場から余剰電力を買取、仕入れた電力を販売するビジネス。
仕入れ値が原価になり、一定のマージンを乗せて販売
電力の小売のみで、発電や送電は行わないので、初期設備投資等は大きくかからない。

自治体に電力供給元として採用されるかどうかは入札で決まり、年間契約であるケースが多い。広告事業を通じて自治体への入札実績が多い為、その点が競争優位性を取れるひとつの要因

自治体のメリットは?

  • 低価格で安定した電力を得られる

コストダウン例

入札状況


2020年度実績は、2019年度と比較して、落札率が8.3%向上
応札件数は2019年度比で135.4%増加し大きく業績に貢献した。

2021年計画は、
応札件数を3,800件に拡大、2020年比で27.5%増加となるので、
落札率を30%程度まで向上させれば後述するエネルギー事業の通期業績目標ラインに届く目安になるかと思います。

エネルギー事業の子会社化


エネルギー事業子会社化
エネルギー事業への本気度が伺えます。
今後もホープの代表的な収益柱として成長させていく意思が伝わります。
※抽象的な表現で申し訳ないです

TATERUとの業務提携


TATERU社と提携、電力市場価格予測AI
正直どうなるか全然分かりません
そんなこと言ってもしょうがないので、ある程度憶測は語ります。
市場価格及び原価予測の精度を高めることを目的としているそうなので、おそらく原価率の改善及び原価調査にかかる販管費が改善されるものと思われます。
自治体側へも財源確保額の拡大というメリットが生まれそうです。
TATERU社の実績などについては、後々調べるかもしれません。

エネルギー事業の業績


エネルギー事業も4Qに利益率の高い案件が偏る傾向にありましたが、前回の決算での電力仕入れ値が安かったとのコメントから利益率の高い案件が少なくとも2021年3Qまでは継続すると読んでいました。また、10月30日グリムスの決算内容からも電力仕入れ値の安価市場は依然継続していると読めました。
このまま、獲得案件を前年同期よりも増やすことが出来れば営業利益の方も通期で大幅更新出来るかと思われます。



決算説明資料と見比べる時に、少しコツが要ります
自治体への契約は基本的に年間契約で、収益に反映されるのは次のクォーター
(例)
2020年2Qに96件落札が入ると2020年3Q~2021年2Qまで収益にストックされます。
2020年1Q : 70件
2020年2Q : 96件
2020年3Q : 337件
2020年4Q : 77件
2021年1Q : 177件
となると、
2021年1Qの収益対象
=70件 + 96件 + 337件 + 77件
=580件

2021年2Qの収益対象
=96件 + 337件 + 77件 + 177件
=687件

おそらくこんな感じでエネルギー事業を見るといいでしょう。
グラフの累積落札件数(件)はこの計算式で算出していますので、決算説明資料と見比べて疑問に感じた方はご自身で確かめて見てください。

今回の決算は落札件数を前年同期比で初めて見るタイミングの大事な決算でした。
2021年1Q決算で177件落札で、2020年1Q決算時は70件でした。
+107件の落札と大幅に前年を上回る成績を叩き出しています。

落札1件当たりの売上高を予測してみましょう
2021年1Qの売上高が初めて4四半期分の落札件数で比較して見ることが出来ます。
落札1件当たりの売上高(百万円/件)
= 売上高(百万円) ÷ 累積落札件数(件)
= 5,721 ÷ 580
= 9.86(百万円/件)

案件に応じて金額にブレが出ると思いますが、あくまでも予測

これを踏まえて、2021年2Qの売上高予測は
売上高(百万円)
= 累積落札件数(件) × 落札1件当たりの売上高(百万円/件)
= 686 × 9.86
= 6,773(百万円)

2021年上期エネルギー事業の売上高(百万円)
= 5,721 + 6,773
= 12,494(百万円)

エネルギー事業の通期業績見通しの23,450(百万円)という数字も現実味を帯びてきました。

おそらくエネルギー事業の業績を見る上で落札件数の推移は重要KPIになるはずです。

エネルギー事業の経営戦略

関連記事

ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part1
ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part2
ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part3
ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part5

ご注意

当ブログに記載されている内容は、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また、情報の正確性・有効性についても保証致しかねません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねます。株式売買は自己責任に基づいてご判断下さい。

-個別銘柄

© 2020 投資で少し楽に生きてみよう Powered by AFFINGER5