個別銘柄

ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part5

最後にホープの実績・中期経営計画を元に将来企業価値を算出してみます。
また、メイン事業以外に取り組んでいる活動も少し紹介します

中期経営計画 2030年

中期経営計画 2023年


2023年6月期までの経営目標
売上高目標値 : 420億円
営業利益目標値 : 33億円

将来時価総額算出

中期経営計画2023年を元に将来時価総額を試算

2023年度の営業利益目標値は33億円
ホープの純利益は営業利益の約65%
2023年度純利益
= 2023年度営業利益 * 0.65
= 33億円 * 0.65
= 21.45億円

これだけの成長率で業績を伸ばしていければ、少なくともPER40~50倍は許容されると思われる。
PER50倍と仮定すると2023年度の時価総額は
時価総額
= 純利益 * PER
= 21.45億円 * 50
= 1,072億円

2023年度には時価総額1,072億円まで企業価値を伸ばせると予想できる
※2020年度11月19日時点で387億円

IR活動


2021年度1Q段階で92件の機関投資家面談を実施済み
時価総額が大きくなってくると、機関投資家の資金が入らなければ株価上昇は中々厳しい
直近は特に機関投資家へのアピールに注力していることが分かる。

新規事業

自治体向け国産Web会議ツール kai

関連記事

ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part1
ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part2
ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part3
ホープ(6195)について本気出して考えてみた Part4

ご注意

当ブログに記載されている内容は、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また、情報の正確性・有効性についても保証致しかねません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねます。株式売買は自己責任に基づいてご判断下さい。

-個別銘柄

© 2020 投資で少し楽に生きてみよう Powered by AFFINGER5