個別銘柄

グッドコムアセット(3475) 銘柄分析-2020年3Q決算

会社概要

事業

自社ブランド「GENOVIA」統一感×緑化による新築マンション
企画、開発、販売及び管理

上場

2016年12月ジャスダック上場
2017年6月東証2部上場
2018年4月東証1部上場

ビジネス形態(フロー or ストック)

フロー型

顧客層

公務員かつ女性顧客をメインターゲットに狙っている
景気動向に影響されにくいターゲット

事業成長性

マーケットについて
2022年の生産緑地法改正により、農地から宅地への動きが増加し、首都圏の投資用マンション市場規模は増加予想
また、東京23区の単身世帯は増加予測され、ワンルームマンション需要も伸びると見込まれる。

月次報告有無

月次報告無し

企業HPに社長及び役員顔写真の掲載有無

  • 社長の顔写真有り
  • 社長経歴無し
  • トップメッセージは株主及びユーザーファーストの文面である
  • 役員の顔写真無し
  • 役員の経歴無し

ファンダ分析

通期業績

年度 売上高 YonY 営業益 YonY
2017 10月 9,834 +33.0 907 -2.4
2018 10月 16,817 +71.0 1,678 +85.0
2019 10月 23,376 +39.0 1,755 +4.6
2020 10月 30,405 +30.1 2,336 +33.1
年度 営業利益率 EPS YonY
2017 10月 9.2 106.1 -21.1
2018 10月 9.9 160.0 +50.8
2019 10月 7.5 157.0 -1.9
2020 10月 7.7 201.3 +28.2

四半期業績

年度 売上高 YonY 営業益 YonY
2020 1Q 2,344 -32.0 151 -48.3
2020 2Q 5,650 +11.7 501 +45.6
2020 3Q 12,961 +66.6 1,831 +265.5
年度 売上営業利益率 EPS YonY
2020 1Q 6.4 9.9 -62.0
2020 2Q 8.9 43.6 +50.6
2020 3Q 14.1 165.4 +279.4

時価総額 = 182億

割安性チェック
売上営業利益率8%
売上高年平均成長率30%
と仮定する(中期経営計画より)
今年度を含む、先10年間での営業益合計は1,037億

自己資本比率 : 33.8%(40%基準未達)
ROE : 18.09(15以上基準クリア)
ROA : 6.11(10以上基準未達)

最終評価:グロース銘柄としては割安
しかし、不動産業で安定成長は厳しいと思われるので、材料等は注視する必要がある。

テクニカル分析

チャート及び出来高(日足)

使用しているインジケータは、
移動平均線(5日, 20日, 40日, 75日, 200日)
移動平均線は以下、SMAと省略
5SMA、20SMA、40SMA、75SMA、200SMAがそれぞれ上向きかつ、SMAの上に株価が位置している。
上昇トレンド中

チャート及び出来高(週足)

参照元

株探
2020年10月期 第3四半期 決算補足説明資料

ご注意

当ブログに記載されている内容は、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また、情報の正確性・有効性についても保証致しかねません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねます。株式売買は自己責任に基づいてご判断下さい。

-個別銘柄

© 2020 投資で少し楽に生きてみよう Powered by AFFINGER5