個別銘柄

エーアイ(4388) 銘柄分析-2021年1Q決算

会社概要

時価総額

146億円(2020年9月25日時点)

上場

2018年6月東証マザーズ上場

企業HPチェック(5項目)

  • 社長の顔写真有り
  • 社長経歴記載無し
  • トップメッセージは株主及びユーザーファーストの文面である
  • 役員の顔写真無し
  • 役員の経歴記載無し

筆頭株主

取締役副社長 : 廣飯 伸一 (18.54%)

事業

事業内容

AITalk

従来の機械音声ではなく、人の声で合成する技術
より人間らしく自然な音声で自由に音声合成をすることが可能な高品質音声合成エンジン
※下記に公式のサンプルボイスリンクを記載します。ご興味があれば聞いてみてください。
次世代型音声合成 AITalk5

コンシューマー向けだと「VOICEROID」とかの方が聞きなじみがあるかもしれません

芸能人や声優、個人の音声を収録し、音声合成用のオリジナル日本語音声辞書を作成するサービスもあります。
docomoしゃべってコンシェルの「ひつじのしつじくん」とかマツコロイドの音声にこのサービスが採用されています。

ひつじのしつじくんは今は引退してマイデイズにバトンタッチしたようです。
マイデイズの方もこのサービスが適用されてます。

(ひつじのしつじくん覚えてる人いるかな?私は邪魔だったので即非表示設定にしてました。ごめんなさい。)

ビジネスモデル(フロー or ストック)


フロー型とストック型の事業が入り混じっている混合型
比率明細については後述します

用途

事業成長性


企業研修やオンライン学習需要増加に伴い、Eラーニングなどの引き合いが増加傾向にある。
その他にも、車載向け分野へも展開予定。
第1、第2フェーズで獲得した市場も堅調に推移

決算及び業績

月次報告有無

月次報告無し

通期業績(単位:百万円)

年度 売上高 YonY 営業益 YonY
2018 3月 591 +31.0 146 +27.0
2019 3月 737 +24.7 211 +44.5
2020 3月 819 +11.1 273 +29.4
2021 3月 840 +2.6 280 +2.6
年度 営業利益率 EPS YonY
2018 3月 24.8 24.7 +26.4
2019 3月 28.6 30.8 +24.7
2020 3月 33.3 34.1 +10.6
2021 3月 33.3 40.8 +19.5

売上高成長性

今期予測は割と保守的
1Q決算発表の内容は好調だったので、2Q決算の内容次第では十分上方修正あり得る。

EPS成長性

今期予測は+20%未満ではあるものの悪くない数字

営業利益率

33.3%(10%基準クリア)

四半期業績(単位:百万円)

年度 売上高 YonY 営業益 YonY
2020 3Q 197 +1.0 69 +9.5
2020 4Q 311 +25.4 141 +78.5
2021 1Q 172 +24.6 44 +300.0
年度 売上営業利益率 EPS YonY
2020 3Q 35.0 13.1 +27.3
2020 4Q 45.3 11.3 -6.8
2021 1Q 25.6 6.6 +288.2

決算短信からは事業別の比較表のようなものがありませんでしたので、2019年度分まで遡ってグラフを作成してみました。


フロー型事業の方は法人向け、コンシューマー向け共に成長に拍車がかかっていることが分かります。
ストック型事業の方はあまり成長感がなく、現時点ではあまり期待感がありません。

とはいえ事業全体でみると直近の業績はコロナ影響による、Eラーニング引き合いの増加や個人の外出自粛に伴ったコンシューマー向け製品の需要が拡大しているのは事実です。

特需的な好業績でなく、今後も成長加速すると思われる。

収益性

自己資本比率

93.5%(40%基準クリア)

ROE

19.62%(15%基準クリア)

ROA

18.34%(10%基準クリア)

割安性チェック

チェック項目

売上営業利益率 : 25.0%
売上高年平均成長率 : 20.0%
と仮定する
今年度を含む、先10年間での営業益合計は637億円
今回の決算内容が特需でなかった場合は、現在の時価総額は割安
2Q以降の決算発表内容がかなり重要となる。

総合

買い目線寄りの様子見
2Qの決算発表を見て今後の動向を予測したい。

チャート及び出来高

日足


使用しているインジケータは、
移動平均線(5日, 20日, 40日, 75日, 200日)
移動平均線は以下、SMAと省略
5SMA、20SMA、40SMA、75SMA、200SMAがそれぞれ上向きかつ、SMAの上に株価が位置している。
上昇トレンド中

また、2,800円辺りに買い出来高が集中している。
3,000円ぐらいを抜けると強い上昇に移行すると思われる。

週足

参照元

株探

2021年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)

2020年3月期 決算説明資料
2020年3月期 決算短信〔日本基準〕(非連結)
2020年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)
2020年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)
2020年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)

2019年3月期 決算短信〔日本基準〕(非連結)
2019年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)
2019年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)
2019年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)

ご注意

当ブログに記載されている内容は、あくまで個人的見解に基づくものであり、特定銘柄への投資を推奨するものではありません。また、情報の正確性・有効性についても保証致しかねません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねます。株式売買は自己責任に基づいてご判断下さい。

-個別銘柄

© 2020 投資で少し楽に生きてみよう Powered by AFFINGER5